本を買って復興支援ができる!?

 「復興書店」と言うものをご存知ですか。これは、本を通して復興支援活動を行うものになります。(涙)「文学」は、この大災害に対して無力かもしれません。被災地が復興するのに長い時間が必要だと思います。傷を負った心の復興は、もっと長くなりますよね。(涙)復興支援は一時的なものではダメです。そして、必ず被災地はよみがえります。(笑顔)

被災者は心から笑えるようになります。このような確信がなければいけません。(笑顔)しかし、専門的な知識、技能のない人が出来ることは、買い控え、節電を心掛けることくらいだと思います。復興書店の店長については、買占め問題が起きている時、本だけが売れ残っているのを見ています。

それで、無力に感じたと言います。このようにして「プレミア本」として復興書店で販売すると言う支援の形と言うことですね。※復興書店のウェブ上で本を販売します。その売上の一部を日本赤十字社などの復興支援団体に寄付すると言うことです。このような支援活動を始めたのです。

また、復興書店は、注意深く被災地復興の状況を見守ってもいます。そして、震災によって蔵書を失った学校、公共図書館の求めに応じています。(笑顔)復興書店は、多くの作者と読者との協力関係が必要です。それがあってこそ成立します。お気に入りの作者、まだ読んだことのない本を見つけた場合は、是非とも購入して復興支援に協力してくださいね。(笑顔)

関連ページ